ティーチャーの子育て事情 その実

昨日はマザーズコーチングアドバンスでした

%e3%83%9e%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%90%ef%bc%99%ef%bc%90%ef%bc%98

アドバンスでは

日々のお子さんとの関わり、コミュニケーションの中で

私たちが子どもに伝えたいことは何か

コミュニケーションを通してはぐくんでいるものは何なのか

 

子育てNGワードや

(これをお伝えするとみなさんびっくり!

それほどまでに日常で当たり前に使っている言葉なんです)

どう受け止め伝えるのがいいか

話の聞き方などの実践スキルもお伝えしています。

 

ベーシックとアドバンス、2コースを終えるころには

たくさんの

コミュニケーションの質と

子育ての質を上がるヒントとコツがいっぱい得られた状態

になってるんですね♪

 

でも、そこで出るのが・・・・

 

こんなに一気にできなそう、、、、

そうは言っても毎日全部できない

やっぱりNGワードも言ってしまう・・・・

 

そういった

出来ないママ自身に対する、ダメ出しの言葉。

つい、完璧にできることが、子育ての成功と

無意識にでも思ってしまうのかもしれません

 

が。

 

 

そんな完璧なママはどこを探してもいませんのでご安心を。

 

もちろん私だって、マザーズティーチャー、TCS認定コーチになっても

完ぺきとは程遠いかかわりをしてしまう時がまだまだ、ありますよー。

 

昨日は、長女が学校でちょっと(いや、もしかしたらかなり)やらかしてしまったようで

学校からお電話が来ました。

 

中学生女子ともなると、

グループの乱立、仲間内のもめごと

グループ同士のもめごと

SNSの過剰な表現。。。。。

 

びっくりするくらい、

イマドキならではの事情があることを知り始めたところです。

 

あっ、子どもが大きくなって学校から呼び出されるような子になったらどうしよう、なんてお声も時々聞きます。

・・・・・大丈夫です。ありますから。そういう事。

 

そうなった時にどうしたらいいか、親御さんが覚悟してしまうと案外楽なんじゃないかなー、なんて私は思います。

絶対何があっても味方でいる。

でも、いけないことに対してはいけないと言う。

でも、娘が悪いことを明らかにしたのなら

誰かに叱られることも、親として頭を下げに行くことも、覚悟する。

 

この二つに腹をくくれたら、見えない【〇〇したら、どうしよう】の不安は

各段に減りました。

 

昨日の件ももしかしたら私は頭を下げに行くかもしれないなあと

先生にもそこは「明らかになった時はいつでも向かいます」と言ってあります。

ふぅ。。。

 

でもね、そこまでの過程を、毎日私は娘から聞いていたから

娘のその「行動の一つ」は明らかに良くなかったけど

そこへ至るまでに彼女が感じたこと、思ったこと、行動は

全部間違ってなかったし、むしろ素敵なことだなあと、思っていて。

 

だからこそ、その「行動の一つ」が残念だったし

そこは先生も同じ気持ち、でした。

 

でも、娘的には、だからこそ

 

許せない。

 

 

って思っちゃったんだろうな。

大事な気持ちが、そこにあったからこそ。うん。

 

100:0の判決なんて、実はない。

 

先生とも話を終えて、、、、

さて娘と何から話そう。

こういう時、どう話しかけるか、の難しさは

思春期と言われる時期になってから

うなぎ上りに上昇中(笑)

 

最初の一言、表情がどう伝わるかでもう全然違う。

だから、私もかなり「さぁて、どう言葉をかけようかな」って考えたのだけど

昨日は、大失敗(笑)

 

選んだはずの一言が

娘の「否定されたスイッチ」を入れちゃった。

あちゃーーーーー。

 

ここでね、下手に取り返そうとするより

ほんとは降参しちゃった方が良かったのに

あの時私は

「私だって良かれと思って言っているのよ」

 

の気持ちを、無言のうちに、醸し出していたんですよねー。

もう、泥沼。

言えば言うほど娘もカリッカリのトゲットゲになり

悪循環。

 

取り返そう、伝えたいことを伝えたいのに

カリカリのトゲットゲに「刺されてたまるか~!」とばかりになっちゃってね。

 

娘は荒々しくドアをあけ放って、お風呂に逃避。

 

その時私は・・・・・・・

アタマを、冷やそう。

そうだ、頭を冷やさなくっちゃ。

冷やすのよ、アタマを。

 

って、

 

冷蔵庫に、頭を突っ込んだ(笑)

 

でも、気持ちがどーーしても収まらなくって

 

思わず

 

 

もーーーーーーー

思春期って、うっざーーーーーーーい!!!!

 

って、吠えた。

 

そしたら、お風呂場から

 

こっちだって、うざいんだよっ!!!

 

って、返って来た。

 

ね、マザーズとは程遠いやり取り(笑)

 

でもね、冷蔵庫に突っ込んでも冷えないアタマながらに、

 

「でもさ、MちゃんはMちゃんのいいところがいっぱいあるのは知ってるし

今回の事だって、優しいところも強いところもあるんだって

ママは嬉しかったんだよ!

(と、ここで放置された感満載の次女と目が合う)

Hちゃんだってお手伝いもしてくれるしさ、優しいところもあるの知ってるよ。

 

でも、それにしたってこんな言い方されるなんて

 

あーーーーーー!ママだって、吠えたくなるー!うがーーーーー!」

 

冷蔵庫の中に向かってね(笑)

 

次女が小さく「あたしのことは後付けだった」とか言っちゃって。

 

あぁ、今日は完敗だ。

何に負けたんだ私。

うん、自分に負けた。

 

冷蔵庫に頭突っ込んで反省。

 

何分経ったかなぁ。。。。。

 

長女、鼻歌歌いながら、お風呂から、上がって来ましたけど??

 

え?!もうスッキリ??!

 

さっきまで

こんな家最低だくそばばあ!出て行ってやる!なんて噛み付いてたのに

鼻歌?全裸で話しかけてきましたけど??「腹減った。」って。

 

・・・・・・・・まぁ、いいけど、さ。

 

三人で、炊き立てのお米をおむすびにして、いただきました。

(喧嘩した日のごはんは、おむすびとかお茶づけになりやすい。)

 

切替は、早いようです。というか、早すぎ。

 

この時、ちょっと思ったんですよねー。

 

確かに、理想の関わりはできない時もあるけど

日頃のゆとりある時のコミュニケーションで

私なりに、マザーズの伝え方や聞き方、

自分自身のありかたを意識してたからこそ

娘には、私が思っているより、

自己肯定感のストックがされてるのかも。

って。

だから、言いたいことも言う反面、切り替えも、早いのかも。って。

確証は、ないけれどね。

 

うん、きっとそうかもしれない。

 

だからね。

 

ゆとりある時しかできないって

おっしゃる方もいるけれど、

それでいいし、そこからでいいと、思います。

 

完璧なママになる必要なんてないから、

出来る時に、できることをしておく。

それは、ゆとりがある時だけだって

全然、いいと、思います(^^)

 

私もそうですから~。

 

寝る前に、最初の一言は何が良かったかな、って考えたけれど。

 

でも、これはこれで、ベストだったのかも、知れない。

 

また今日から自己肯定感ストックを、積み重ねていこ。

DSC_0373

あそゆかさんはいつもにこやかで話もよく聞いて

きっと怒らないんでしょうねー!って言われますが

 

うん、違います(笑)

 

マザーズティーチャーの実情 その実、でした。

 

マザーズコーチング、随時お申込み受け付けております!

ゆとりがある時からでも大丈夫。

お子さんの自己肯定感をストックする関わり、始めませんか???

 

お申し込み、詳細はこちらから❤

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中