させたい、したい、できた、の道のり。

授乳のタイミングや

離乳食のタイミング

卒乳、断乳のタイミング

おむつ外しのタイミング。

 

お着替え、トイレ、いつから自分で?

一人で寝かせるのはいつから?

自分の部屋はいつから与えたらいい?

一人で買い物行けるのは、いつから??

 

子どもの成長に伴って

たくさんの、節目やタイミングがやってきます。

 

今、多くのお母さんとお話していても

多くの方が

 

このやり方で

この時期で

このタイミングで

 

・・・・・いいの???

(そして、それでちゃんと育つのかしら?)

 

正解がないからこそ正解を求めたくなって

だからこそ、迷う。

 

そんな様子が感じられます。

 

 

かくいう私も、もちろんそうでした。

 

一人目のときなんて、特にそう。

 

なぁ~んにも、わからない。

でも、育てているのは、

人間という、将来ある生き物(という言い方、変だけど。)

 

母親である私の決断が

良くも悪くも娘の将来に影響してしまう

間違っていたら、どうしよう

 

産後一年前後は、

連日の夜泣きでくたびれ果てて

思考はどんどん落ちていき、

特にそんな気持ちを抱くことが多かったように思います。

 

今、思えば、あれは、、、、、

 

 

産後うつだったよね、私。

 

13年前は

まだまだ産後うつに関する認知は社会的にも低く、

私本人も、全く自分の異変に気づいてなかったし

むしろ

 

「頑張らなくっちゃ。」

 

そう言い聞かせていた気がします。

(お疲れ様、私。)

 

 

でも、、、、

ここまで育ってきた娘との日々をふと振り返り

改めて感じるのは、、、、、

 

 

親がね、

 

させなくちゃ!

 

と思ったことって

 

たいてい、うまくいかないんだな。(笑)

 

 

もっと早くに寝かせたい

もっと、離乳食食べてほしい!

もっと、規則正しく生活してほしい!

もっと、、、、言うこと聞いてほしい!

それ、、、、やめさせたい!

 

そういうときは

恐ろしいほどに

かえってそれが強化された気がします(笑)

 

恐ろしき負のループにはまり込んでしまうと

もう、毎日が、、、、、

全然、楽しく、なかった。

 

 

では、どんなときが、お互いスムーズにいったのかな?

 

と考えてみると

 

 

娘の「やりたい、できそう」

 

私の、「今かな?」

 

が合った時、な気がします。

 

 

私が、追い風をキャッチできた時、とも言うかもしれません。

 

 

風を起こそうとしているときは

躍起になるばかりだけど

(なかなか着火しない炭を
 ムキになってうちわで仰いでる感じ)

 

自然と吹き始める

「やりたい、成長の風」を感じた時

 

(きっと子どもからすると、こんな感じなんだろうなぁ。)

 

 

そっと背中を押すように

サポートしてあげられた時

 

子どもって、やすやすと、節目を超えて、大きくなる

そんな気がします。

 

 

食べたそうな顔をしたら離乳食を

 

自分でトイレに行けるようになってきたら、オムツはずしを

 

一人で寝たい!といったら一人で眠りに入る夜を。

 

自分の部屋が欲しくてたまらなくなったら、自分の部屋を。

 

できるときもあればできないときもある

やる気満々のときもあれば

ぐぅたらだらだらしたいときもある。

 

そんなに先を先をと急がず

 

その子のタイミングで

できるときで

無理なくで

行きつ戻りつ。

 

それで、

いいんじゃないかなあと、思います(^^)

 

 

 

我が家の娘達は

長らくずーーーーーっと

 

長女に至っては、13年間

 

一緒に、寝ていました。

 

つい最近まで。

 

 

なんとなーく

 

ベッド欲しいなー

 

なんて言う日があっても

 

そこまで切望もしていなかったし

 

なんだかんだ

 

一緒にごろごろする夜のあの時間が

 

みんな、好きだったのかも、しれません。

 

 

以前は

 

いつから一人で寝かせたらいいんだろう?

 

なんて思ったりもしましたが

 

ある時から

 

【自立したくなったときが自立の時かな。】

 

そう思うようになり

 

特に気にしていませんでした。

(まぁ、傍から見たら、中学生にもなって一緒に寝てるなんて
 おそっ!と言われるかも、ですが。)

 

それがつい数ヶ月前、あっさりと

「あ、今日から私、一人で寝るから。」

 

そういってさっさとお布団を自分の部屋に引っ張って

行ってしまった。

 

「そっかー、その時が来たんだねー」

 

なんて返事したけど

 

ちょっとだけ、寂しかったなぁ(笑)

 

 

本当に、あっさり、でした。

 

 

させよう、させようとしなくたって

 

したくなる時は来るし、その時は、自分でちゃーんと、できるのね。

 

改めて、

 

子どもは自ら育ち、自立していくんだなあと

 

感じた出来事でした。

 

 

 

昨夜ね。

 

「たまには一緒に寝てもいいんだよ♪」

 

冗談で言ったら

 

 

「あ???!

んなことするわけ無いじゃん。」

 

 

とツレない返事。

 

 

だよねー、そうだよねー、知ってるよーだ。

 

と、返事をして

 

次女とゴロゴロしていたら。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

布団敷くのが面倒なだけだしっ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

なんて言いながら

 

長女が私の横に

 

コロンと転がり込んできました。

 

 

 

わぁ!

わ~~~~~!!!!

久しぶりだねーーーーー!!!

親子で川の字♡

MちゃんとHちゃんに挟まれてるわたし!!!

うっひゃお!
(パパさんは夜勤で不在でした)

 

思いがけずはしゃいでしまい(笑)

娘達にはバカにされましたが

そんな

わたしを笑って小馬鹿にする娘達も

実は嬉しそうでした。

 

 

久々に繋いだ長女の手。

 

大きいなぁ

もう、背もおんなじくらいだ。

 

頭を

 

ナデナデ

 

したら

 

「あーもう、なんだよぅっ。」

 

またもやツレない返事をされたけど

 

みんな、ニヤついてました。

 

 

親子できゃあきゃあしばし遊んで、

おやすみなさい。

 

あっという間に寝てしまった二人娘を

こうして間近で見るなんて

 

もしかしたら・・・・

 

 

もう、ないかもしれないなーーーー。

 

 

そう思ったら

しばらく、見入ってしまいました。

 

 

タイミングが来たら

 

あっさり、すっぱり

 

手元を、離れちゃう。

 

 

 

寝入ったあと、、、、、

 

次女は

 

「眠いんだから~~~~!」

 

と寝言を言い

(いや、寝てますから。)

 

 

長女は

 

ムクっと起きてあぐらをかき

 

「うっふっふっふっふ♡」

 

と、笑いだした(笑)

 

あぁ、愉快で、幸せな、夜

 

 

そんな夜を、ありがとう。

 

 

当たり前に一緒に寝ていたあの頃は

今は、とってもとっても

あたたかな思い出です。

 

 

自立したくなったときが、自立の時。

 

 

もうすぐ、夏休みがやってきます。

 

焦らず、急かさず、

今の我が子を

見守りながら

一度きりの夏を

 

たくさん笑って過ごしたいですね☆

 

 

マザーズコーチングには

 

お子さんを、見守るコツがたっぷり。

 

つい、せかしちゃう。

そんなママさんにも、おすすめですよ♪

 

お申込みはこちらから

 

では、また☆

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中