うちのママはちょっと違う。

先日、次女に話を聞いていない

しかもその時の顔はブス、と言われてしまった

まだまだ伸びしろ満載なマザーズティーチャー、あそです。(笑)

 

とはいえ。。。。。

 

実はあの会話には、ちょっとした続きが、あります。

 

小学校の中学年を過ぎると

子どもたちも「うちとよそ」の区別がよりはっきりとし始め

その比較が始まるように、体験から感じています。

 

例えば・・・・

 

うちのママはお小遣いはいくらだけど、◯◯ちゃんちはいくら。どうしてなの?

とか

◯◯ちゃんちは何時まで遊んで良いって言うけどうちは何時。どうして?

 

などなど。

 

●自分の家庭が、親が、してくれること、してくれないこと

◆よその家庭が、親が、してくれること、してくれないこと。

 

その違いをより判別し、なぜ?と感じるようです。

 

我が家の娘も、現在その真っ最中。

 

うちのママ、よそのママ。

 

日頃からいろんな【違い】を見つけています。

 

 

折りに触れ、娘達が

 

「なんかうちのママはよそと違うからな。」

 

ということがあるのですが

 

先日も次女と話をしていたら

 

「やっぱり、うちのママは普通じゃない。」

 

と言われました。

 

 

・・・・・・

 

何が普通じゃないの?

 

と聞いてみると

 

 

友達のママの話を聞いてると

そのママにとってダメなことは

子どもが何か言っても

すぐ「ダメ」とか「は?!」って言うけど

うちのママってそれがない。

なんで?

 

と。

・・・・・・。そっか。そうなんだ。

うちのママは、どんな風にMちゃんHちゃんと話してるの?

教えて♡

 

そう聞いてみると

 

うちのママは、まずそうなんだ、って聞いてくれるよね。

で、その後に

ママはこうだと思うけどな、とか

こういうこともあるよ、とか言うでしょ

 

 

「うんうん。それで?」

 

 

だから・・・・

そうそう!ママはまず共感してくれる!

でも、ママの思いも言ってくれる

だから。。。。。

で、どっちなら良いの?って思う時がある

 

な、なるほど!!!

どっちなら良いの、って感じてるんだ~。

で、ママ的にはうーん、なことも、

Hちゃんがしたい!ことに対してはママはどう答えてるかな?

 

そういう時はHたちもはっきり言うから

そうか、じゃあいいんじゃない?ってなって

好きなようにしてる

 

ふむふむ。

 

次女にその後言われました。

 

なんで、そうやって聞いてくれるの?

 

えっ。。。。。

なんで??

なんで??

 

マザーズに出会った当初は、

対話の流れをかなり意識していましたが、

今では意識しなくても出来るようになっていたので

改めて娘に聞かれて

少し、慌てました(笑)

 

 

「そうねぇ。

頭ごなしに否定されたら、イヤでしょ?

まずは、聞いてあげたい、って思うからかな。

やりたいと思うことは、出来ることなら叶えてあげたいかなぁ。」

 

なんて、答えながら

 

マザーズコーチングありがとうー!

 

と感じた瞬間でした。

 

お風呂から上がり、次女とした話を長女にもして

Mちゃんはママとの会話ってどう感じてるの?と聞いたら

 

あーねー、それねー。

えーーーーーー。

あたしは、ダメって思ってるなら

はっきりダメって言えばいいじゃん!って思うけど!

 

 

 

と、言われました。

 

 

さすが。

ママのダメって言いたい気持ち、バレてる(笑)

 

でも、その後に・・・・

 

 

でも、自分からやりたいことを言った時は

最初に共感してくれたほうが

やっぱり嬉しいよね

その後で何か言われたほうが聞く気になる。

 

と。

 

 

もちろん私の日々の対話は

伸びしろもたくさんあって、

(次女との対話の中でも、考えさせられることがありました)

マザーズの対話を実践出来ない時も何度もあるのですが

自分なりに目指した親子の対話をコツコツ続けた結果が

こうして娘達に理解してもらっていたことは

 

とっても、嬉しかったです。 (///▽///)

 

子どもたちが大人になって

ふと、自分の親との関係を見つめ直した時・・・・・

 

あなたは

我が子にどんな風に自分の事を、振り返ってほしいですか?

 

 

私は、その時に

 

うちのママ、話をよく聞いてくれてたな~。

 

と思ってもらえたらいいな、というのが、

答えのうちのひとつです。

 


ホントはもっと話を聞いてあげたいな

今の楽しさ、心地よい関係をこれからも続けていきたい

対話のコツを知って、子どもの可能性をもっと伸ばしてあげたい

 

 

人は自分に出来ることしかイメージがわかない、と言います(^^)

 

もし、そんな想いを抱くことがあったら

マザーズコーチングで、その思いを

よりクリアに見つけ出してみませんか?

 

こうなりたいとイメージした姿。

 

それはきっと、その人に出来ること。

きっと既に、その人の中に、ある、そのままの姿(^^)

一緒に思い描いて見つけていきましょう。

お手伝いいたします。

 


 

マザーズコーチング随時承っております。

お気軽にご連絡下さい。

詳細お申込みはこちらから

 

 

※開催場所はお申込みいただいた方にご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中