終焉、そしてプロローグ ~娘と母と、思春期と。~

長女の思春期は
いつ始まったのだろう・・・?

.

思い返すと、10歳、小学校4年生あたりかも知れない。

4年生を堺に、彼女の世界が突然「友達」で溢れかえった。

ママの言うことより友達の言うこと。
ママと遊ぶくらいなら友達と。
ママがダメって言ってもみんながいいって言うならいい。

急に。。。。

 

娘がたくましくなった。

 

そう感じたことを、思い出します。

そしてそれまでの、
どちらかと言うと「いい子」が
どんどん、
真っ直ぐすぎる小刀のような一面も垣間見せ

中学校に入ると

SNSのトラブルも時々
先生からのお電話もあり
学校では叱られることもあり

家では

うざっ
死ねっ
おまえ
黙れ
マジうざい
チッ
・・・・うっせぇ。

スマホが手に貼り付き一体化。

勉強?まったくしない。

するのはテスト1週間前。

それでも成績は中盤を保つ。

母親には遠慮なく当たる反面

友達とはとても楽しそうな笑顔を見せる。

 

八つ当たりとしか思えない言葉をぶつけたかと思えば

「ねー、ママ、◯◯行くからお金ちょうだい♡」

母の気持ちの整理が追いつかない。

 

ジャンクフード、コンビニが好きになり

ポテトチップスとフライドポテトは止まらない

そして、家のごはんは

 

「おなかすいてないし。」

 

あとになって「腹減った。」

冷蔵庫やおやつ箱をガサゴソ。

バランス、悪いなぁ。。。気になる母をよそ目に

深夜に入る頃に食べるおやつたち。

 

メイクへの興味は尽きない。

入浴前に入念にメイクで遊ぶ。

 

やってきたのは

 

クレオパトラになったブルゾンちえみ。

 

流行りなのか、これはいいのかどうなのか。

母には、わからない。

 

寝る時間は遅くなり

深夜、部屋から聞こえるガサゴソの音。

 

笑顔と苛立ち。

楽しさとつまらなさ。

やる気と諦め

痩せたい気持ちと食べたい気持ち

 

光と闇の大きな振れ幅。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
勉強しろ
バランスよく食べろ
生活リズムは正しく
言葉遣いは丁寧に。
やるべきことをまずはやれ。
ーーーーーーーーーーーーーー

 

大人の世界の正解を持ち出したら
きっと娘は不正解ばかり。

でも、

娘にとってそれは

「他人の正解」

ただ

時には

自分の正解さえ見えず
混沌としている

その中で生きている

自分の

気持ち
思い

そのまま、

それこそが、

娘の中にある「正解」だったのだろうな。

 

私が決めたこと

「自分のルールで裁かない」

「娘の世界を、見守り、応援する」

 

できるだけ、出来る限り。

これが実に、難しい

自分のルールがいかにあるかを、思い知る。

失敗?!数知れず(笑)

 

 

そんな日々にあって

 

買い物に行けば、重くなった袋を軽々と持ってくれ

 

バスケに励む次女にはセンパイとしての応援

 

やると決めたことは自分でやり

 

ブタ小屋と呼ばれてもおかしくない自分の部屋も
片付けるとなればきちんと片し
(でも三日後にはブタ小屋。)

 

ニュースやドラマを見る視点はますます増え
私たちと対等な、鋭い論議をすることも。

 

一度も習ったことのないピアノ
スマホのピアノアプリひとつで、一曲弾けるように。
日々日々、練習した姿。

 

「あの子なら、大丈夫です。」先生方の、信頼。

 

 

 

いらだちと甘えのいったり来たりの日々に

 

ようやく・・・・

 

中3になった最近

 

「落ち着いてきたかな?」という気配。

 

 

昨夜

 

「久々同じ布団で寝てやろう。」

 

娘が私のお布団に潜り込んできました。

 

 

それまでは、抱きつこうものなら

「うざい!くるな!!汚い!」(本気)

だったのが

ぶつくさいいながら、抱きつかれてる。

私と同じ背丈になった娘の

ツヤツヤの髪をなでながら

 

「いつの間にか、こんなにおっきくなって。

一緒じゃないと眠れないなんて

泣いていたのになあ。

 大きくなったね。」

 

そう言うと、くすりと笑って

 

「髪を撫でられると気持ちいい。

 眠くなるだろ。」

 

そう言って、ストン、と眠りの世界へ行きました。

抱きつく娘から感じる柔らかな「なにか」に

 

「ひとつ、思春期の山、超えたかもよ。」

 

そんな言葉がふと、降りてきたのでした。

 

 

 

 

バンッ!!!!!

 

ドアを勢いよく閉める音と
余韻に漂う苛立ち。

 

次女、12歳。

 

最近、ムスッ。。。。とすることが増えました。

 

長女の思春期の苛立ちが終焉間近になって

どうやら、次女のそれが、プロローグを迎えたようです(笑)

 

 

一回長女で予習したからね。

かかってこいや。

かーちゃんもレベルアップしてるはず。

 

 

始まりと終わり
終わりの始まり

 

誰かと共に生きて感じ合うって

 

いいもんです。

 

 

難しくもあるこの時期を支え助けてくれたもの。

 

マザーズコーチング

 

思春期を迎えるお子さんのママにも。

 

随時承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中