おまえんち、楽しそうだな。

夜のドライブの帰り道。

次女が冒頭の言葉を、よく言われる、と。

 

そうすると、長女も、「それなー。」

 

よく言われるのかー。

なんでだろ?

 

と聞いたら、最初は「知らねーよー」なんて言ってた長女が

 


けっこう他のうちは、とりま否定されてる事多いよ。

否定がないからじゃない?

うちはさー。

みんなが感情に正直だからね。

 

※とりま=とりあえず、まぁ。

なんて返事。

 

は?

え、無理。

何言ってんの?!などなど、、、

 

そんな言い方をされている子は、多いのだとか。

 

「その点うちのママはさ、

そっかー、ってまず言ってくれるじゃん?

 

その後にさ

“ママはこう思う”が来る

 

受け取っておいて共感したのにママの意見が違うと、

え、それ、否定なの?肯定なの?何なの?!ってなるけどねー。」

 

「なー!それなー!どっちやねん、だよな!(笑)」

 

「それは、ママの思うところはあるにせよ

あなた達のその気持ちとか、なんて言うの?

そう感じた、、思った、その気持ちは、否定しないし、

そうだね、ってまず受け止めたいわけよ。

とは言え、ママにも思うところはありますゆえな!(笑)」

 

「だからどっちだよ、ママの話はめんどくさいな、ほんと。」

 

 

たまにの夜のドライブだからと、

少しだけ遠回りして、笑いながらそんな話を。

 

 

否定されない
感情に正直になれる

そう、感じられる環境を、この15年で作ってこれたこと

 

うちのママはさー、の話を聞かながら

 

心の中で自分に拍手。
良かったね、わたし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもが小さい頃は、お母さんへのこうしたフィードバックが少なく

 

これで大丈夫かなあ、とか、思うこともあるかも知れません。

我が家は小学校高学年くらいから

こうして、

私に嬉しいフィードバック(時に厳しい)をたくさんくれるようになりました。

 

 

子育て貯金の満期が来て、利子いっぱいもらえてる感じ(笑)

 

マザーズコーチングと出会い、ティーチャーになってからは

親子の対話の質が上がって、短い中でも

 

娘の自己肯定感を下げずに

親子の信頼関係と安心感を増す関わりが

かなり意識的に楽しみながら出来るようになった

 

やはりこれがとても大きいのだろうと、実感。

 

子育ての成果はすぐには見えません。

だからこそ、「自分で自分を認め育てていける状態」を

自分で作ることがとっても大切。

 

わたしもマザーズコーチングのおかげで

そんな自分を少しずつ積み重ねることが出来るようになりました。

 

 

自分で自分を認め、育てていく。

 

その力は、そのまま、子育ての力へ。

 

マザーズコーチング、随時承っております。

いつでも、ご連絡下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

講座詳細、お申込はこちらから

 

お会いできるのを楽しみにしております★

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中