呪いの肩幅

今年の上半期で
個人的にすごくびっくりしたことが

 

合宿で伊勢神宮に言った時、私の背中を見た方が

 

「ゆかちゃん、肩幅小さくて華奢ね」

 

と言ってくださったこと。

これ、本当に本当に

本当にびっくりして

 

何がというと

 

私、ずっとずっと

 

「自分はガタイがいいんだ」

 

と、思っていたから。

何故かと言うと

母にずっと

 

「あなたは肩幅が広いから」
「肩がしっかりしているから」

 

と、言われていて、

 

ずっと私は

 

【私は母に似なくてガタイがいい、いかつい体型なんだな】

 

と思っていたんです。
母はものすごくなで肩で、華奢で
シャツなどはSSを買っても袖を直す程の小ささ。

 

そんな母から見た私の肩幅は

確かにしっかりしていて

ずっと

 

【あなたは肩幅が広い】

 

と言い続けていたんですね。

そして私は、そんな母の言う

 

「肩幅が広い」を

 

「いかつい」「ガタイがいい」と言われていると、

 

受け取っていたんです。

昨夜、母と服の話になり

 

いつものように母が
「あなたは肩幅があるから」

 

と言うので

 実は、その肩幅が広いって言われ続けてるの
いかついとかガタイがいい体型って感じてて
なにげに・・・・
私ずっと自分の体型、、、肩幅も、
コンプレックスに感じているのよね。

 

と正直に言ったんです。

すると、目の前の母は

口をあんぐりあけて

 

信じられないというように目を見開き

 

私を見て

 

 

は?!

 

そんな母を見て私は

え??

**********
どうやら、なで肩で、服選びにも苦戦する母は

私のこの肩幅を

ずっと・・・・

 

「うらやましい」

と思って

その一言を、言っていたということが判明。

肩幅が広くていかつい

 

ではなく

 

肩幅があってちょうどいい服が着れて「いいな!」

 

の、【肩幅がある】

 

 

私のことを

ガタイがいいと思ったことなんて

なかったとか言う始末。

 

嘘でしょ??!!!

ずっと肩幅肩幅言われてきて

 

私自分のこの肩幅といかつさに

悩まされたこともあるのよ??!

 

何言ってるの、そんなつもり一度もなかったわ

 

 

嘘だー!
ずっと肩幅肩幅言ってたじゃない!

 

そんなコトないわ!
私だってずっと小さすぎてからかわれて育って、
私はあなたのその肩がいいなーって思ってたのよ!

 

 

そんな背景聞いたことないし!

・・・・・という

 

たかが肩幅なのですが

こんなに肩幅肩幅言うこと、

そうそうないと思うのですが(笑)

どうやら私は

 

母の些細な一言を

自分で勝手に翻訳してしまって

 

「どうせ私は肩幅の広い
いかつい可愛くない女ですヨ!」

 

(尾ひれ背びれつけすぎ)

と、勝手にすねていたようです(笑)

42年越しの、誤解 解消

肩幅の呪いから、解放された瞬間でした。

うん、たぶん私、

そんなにいかつい身体ではない、、、みたい。

 

***************

これは、肩幅、だからまだいいけれど

お母さんが何気なく言い放った
覚えてもいないたった一言が

 

子どもの心にストンッと刺し込んで

ずっとその子の認識を歪めてしまうということ

やもすると

 

その子の人格を歪めたり、固めてしまうこと

実は、日常に恐ろしいほどに

溢れているのではないかな、と思います。

つい、ポロッと言ってしまう

 

「どうせあなたは・・・」

「あなたって子は・・・・」

「まったく、◯◯なんだから・・・・」

「◯◯なのね。」

そんな一言、言ってしまうことも、あると思うけど

何気ない一言がトゲのように刺さって
ずっと抜けずに残る痛みになるかもしれないんだ

 

ということを、お母さん、お父さん
身近な大人が

●わかって言葉を大切に選ぼうと意識するのか

◆何も気にせず無意識で言い続けるのか

ここに、子どもの伸びやかさを左右する

大きな違いがあるのだと、改めて。

「そんなコトいちいち気にしていたら
何もしゃべれなくなっちゃうじゃない?」

そう、母は言ったし

確かに、それもそうなんだけど

 

でも、心の中、いつもどこかで

私から伝わる言葉が

あたたかく届きますように

という、そんな、小さな思いと

言葉を大切に選ぶこと、は

忘れずにいたいなーと

思うのであります。

裏表のない
真っ直ぐでズケズケーっとした物言いだって
時にはとってもステキで魅力的でも、あるけれど。
(クソまずい、とか(笑))

私達は身近な大人から
意識することなく受け取った
コミュニケーションしか知らない。

 

だからこそ、

コミュニケーションについて学ぶことに

大きな価値と可能性があると、思うのです。

あの時母が

「あなたのその肩幅がステキで、いいな、って思うの」

もし、そう言ってくれていたのなら。

私は自分の肩幅を、
チャームポイントって、思ってたかもしれないなぁ(^^)


~安心感あふれる「人間関係を育てる」コーチング~

●応援コミュニケーションを味方につけて
「安心ママ」になる

マザーズコーチングスクール
MCS認定シニアマザーズティーチャー

●身近な人とのコミュニケーションを
自分から「変えたい」と思ったら。

トラストコーチングスクール
TCS認定コーチ

あそ ゆか
http://aso-yuka.com
7月&8月の予約受付日

7月25日(水)
7月30日(月)

8月2日(木)
8月6日(月)
8月10日(金)
8月15日(水)
8月19日(日)
8月22日(水)
8月23日(木)
8月27日(月)

※対面 or オンライン
※ご希望日の1週間前までのお申込み&ご入金
※夜間のオンラインセッションも承ります。

お気軽にご相談下さい。

各講座についてはこちらから


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中