埋めてるのか満たしてるのか


自己肯定感、という言葉はもはや誰もが知る言葉で

自分をそのままに認め受け入れること

自分を好きになること

それが大事だとはわかっていても、なかなか好きになれない

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も以前はそうでした。

私の場合、

自己肯定感の定義は上に書いたことだと

頭では理解していましたが

実際は自己肯定感の定義を無意識の内に

「人に認められる自分であること」

その自分なら認められる、と思っていました。

そんな定義を無意識の内に持っているとどうなるかと言うと

認められるための自分の姿

というのが、曖昧な割に強固にあり

それに左右されてしまう、という状態になります。

すると、、、

(認められるためには)

もっとこうならなきゃ

こうしなきゃ

こんな自分だとダメだな

もっと、頑張らないと

つまり

自分は何かが欠けているからダメで

それを埋めないと認められない

だから

その欠けた部分を埋めるために

もっとなにかをして

何かができる自分にならないと、と

思ってしまう。

そして、本当は必要ない

あんなスキルこんなスキルを身につけようとしたり

無駄に頑なに一人で抱えこんでは頑張ったり

セミナージプシーになったり

何かや誰かで自分を埋めて良く見せようとしてしまう。

でも、自己肯定感は、高まらない。

そんな、負のループ。

本当の自己肯定感とは

何が出来る、出来ないに関わらず

そのままの自分

欠けてる所がある自分

凸凹な自分

そのままに存在価値を感じられる、ということ。

だから

あれもこれも出来なきゃ、なんて

思う必要はないはず、なんですよね。

自己肯定感があれば

○○があれば、

私は完璧なのに

私は認められるのに

私は愛されるのに

という気持ちは、恐らくかなり少なくなるはず。

大丈夫、そのままのあなたで、いいのだから。

自己肯定感が低いと

誰かや何かで自分を埋めようとします。

自己肯定感があると

自分を心地よく満たそうとします。

埋めようとすることと満たそうとすること。

実はこの違い、かなり大きい。

今日はご自分の言動、欲求を少し観察してみてはどうでしょう。

私は私を

埋めようとしたいるのか

満たそうとしているのか。

朝のひととき、大好きなじかん。

自分との対話のひととき。

では、また。

カテゴリー: blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中