我が子と自分に身につけたい「自立」

自立。

 

よく聞く言葉ですよね。

 

日頃のマザーズコーチングでも

 

「自立した子に育って欲しい」という言葉、よく聞きます。

 

 

では、その自立って、何をもって自立、と言えるのでしょうか。

 

 

よく挙がるのは「経済的に自立すること」ですが

 

 

私は経済的自立が一番かと言うと

 

なにかちょっとしっくり来ない感じ。

 

なので、自立ってつまりなんだろうなとずっと考えていたフシがあります。

 

 

で、最近それが私の中では明らかになりました。

 

 

私の定義する「自立」として

 

私自身にも、娘たちにも、まず一番始めに身につけて欲しいことは

 

自分の機嫌を自分でとる力

 

つまり。

 

自分の感情に責任をもつ力。

 

精神の自立、とも言えるかも知れません。

経済的自立は精神的自立のあとでいい。そう思っています。

 

 

我が子に対して、想定外にイライラしてしまう自分に出会い

どうにか出来ないかと、

心理学に始まり様々なメソッドを試し、

その中で最も、人生で長く活かしていけると思ったのが、コーチング。

 

 

 

それによって何が変わったかと言うと

 

自分の機嫌を誰か任せ(つまり、誰かのせい)にすることなく

自分で自分の機嫌を手中に収めることができるようになった

 

 

ということ。

 

 

それまでは、

 

子どものダダコネや「ママ嫌い!」にいちいち【反応】したり

してほしいことをしてくれない、期待通りにならない事

 

私の想定を反する夫の対応にも内心でイラッとしたこともありました。

 

 

そして、よく思ったものです。

 

 

もっと子どもが言うことを聞いてくれたら・・・

もっと夫が私の事汲んでくれたら・・・

 

 

 

誰かが 私に もっと◯◯だったら

私はもっと、楽なのに、ご機嫌なのに、幸せなのに。と。

 

 

それを思う自分自身に違和感を感じることもなく。

 

 

でもね、これって

 

自分の機嫌を人任せにしているし

もっというと

 

自分の人生を、人に丸投げしているんですよね。

自分の人生を自分でつくる、主導権の放棄。

 

 

で、こういう時のたちの悪さは何かと言うと

 

自分は自分の機嫌を人任せにしている割には

人に同じようにされると、イラつくんです。(笑)

 

 

そんな事自分でやってよ、とか。

 

 

 

自分は自分を放棄して

勝手に相手任せにして期待ばっかりしているくせに

相手の期待には応えることなく、嫌だという。

 

 

これって、わがまま、自分勝手の極みでもあり

 

ことごとく、自分を大切になんてしていない。

自ら自分を落としている。

 

 

いいお母さん、いい妻になりたいなんて言いながら

実際は高慢の極みだったわたし。

 

今思うと、ひどい。

懺悔です。

 

(あの時は、ごめん。)

 

 

 

こうなっていたのには

 

「弱くないと、誰かに庇護されるくらいでないと愛されない」という

 

私の無意識の思い込みも作用していたのですが

(これについてはまた後日)

 

 

 

コーチングと出会い、

自分自身との対話の力があがったことで

 

 

他者への身勝手な期待がなくなって

私は私の機嫌を自分で取れるようになり

 

 

もう、すごく楽になったし、人生が楽しくなりました。

 

 

自分で自分の機嫌が取れるようになる

 

 

それはつまりね

 

自分の本音・・・

どうしたいか、に耳を傾けて

自分のやりたいことを自分に許可して叶えてあげられるようになった

 

 

ということ。

 

 

それはそんなに大きなことでなくていいんです。

 

 

行きたい時に、行きたいところに行けること。

例えばそれは、カフェでのひとり時間や、友達とのごはん。

 

 

やりたいことをやりたい時に叶えてあげること。

例えばそれは、本当に好きな服を着ること(やっぱりおしゃれが愉しい。)

履きたい靴を履くこと。

 

 

食べたいものを、食べること。

一日三食じゃなくたって、栄養バランスが多少崩れてたって、

ジャンキーだっていいじゃないか。

食べたいんだ。今はそれが美味しいんだ。(笑)

 

 

やりたくないことを、やらないこと。

自分にガマンを強いさせてまでやらなきゃいけないことなんて

実は人生にはそうない。

やりたくないことをやっている時、その根底は

「嫌われたくない」という自己防衛がしたいだけだったりする。

 

 

そして、

その結果起こるだろうことも、自分で引き受ける、と思うこと。

 

それを選択した結果

誰かにムッとされたり、嫌われたり、お金がなくなるかも知れないとしても

それさえも、引き受けて、自分で対応できるって思えるかどうか

 

 

自立ってそういうことなんじゃないか、と。

 

 

人のことをいちいちコントロールしようとするひまがあったら

そのエネルギーを自分に向けて、自分の人生を生きようね。

 

 

ということ。

 

 

 

もちろん私もまだまだ、自分コントロール力100ではないけれど

コーチングとともにこの力は本当にあがったと思います。

 


 

もともと、その傾向はあったところもあるのだけど

 

若い頃私は

 

「お前ってオレがいなくても生きていけるよな。なんか楽しそうだし。」

 

なんて言われて、浮気されたりフラれたり、よくしてたんです。

 

 

で、私はその経験によってどうなったかと言うと

 

あー、男の人ににゃんにゃんする(←どうなのこの表現。w)

可愛い子じゃないと、愛されないわけね。

 

と思ってしまった。(笑)

 

 

 

でもね、今ならこう思います。

 

弱い私を面倒見ることで自分を満たそうとする男なんて

いらんわい!!!と。

 

 

私として1。

 

相手も相手として1。

 

 

私のマイナスを、あなたが埋めてっていうのじゃなくていい。

私は可哀想な存在なんかじゃない。

 

 

自分コントロール力のある、自立した一人と一人が

 

プラスマイナス、よりも

かけあって喜びや満たされるものが増えていく

 

そんな倍々ゲームのほうが、いいな。

 

そう、思うのです。

 

 

とはいえ、時にはね。

 

 

ねぇ、甘えさせて、っていう気持ちも、あるのも、ホント。

 

だから、

自分コントロール100にはならなくてもいい、とも思う。

 

 

バランスも、大事ですね。

 

 

自立することと頼ることはまた、ちょっと違う。

 

 

でも、何はさておき。

 

自分コントロール力。

自分をご機嫌にする力。

 

そんな、精神的自立の割合を高められる子になってほしいな

 

私自身も、と思うのでございます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中