私はあなたと応援する、ということ。


あなたの人生はもっと、素晴らしくなる。
自分のことを「好き」と言える
「わたしらしい人生」をつくることをサポートする   ?


ライフコーチのあそゆかです。

 

親子の自己肯定感と信頼関係をはぐくみ
見守る子育て時間を増やす
マザーズコーチングスクール
MCS認定シニアマザーズティーチャー

 

自分を好きと言える人生を選択する
一生モノのコミュニケーションスキル
トラストコーチングスクール
TCS認定コーチ

 

自分の人生を好きになる  プロフィールライター

 

自己紹介はこちらから

ご提供中のコーチングサービスはこちらから

 


 

生きていくためにはなくてはならないものが

 

人生にはいくつかあると、思うのですが

 

あなたは何を思い浮かべますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べること。寝ること。

 

そして

 

人と関わること

 

 

だなと、私は思っています。

もちろん、他にも、まだまだ。

 

 

どんなに一人が好き、と言ったところで

誰とも関わらない人生なんてありえないし

 

今日に至るまでだって

 

誰かが関わってくれたからこそ、今の私があるわけで。

 

 

どうしたって逃げられないのならば

 

どんな関わりを、人生でつくり、増やしていきたいでしょうか。

 

 

 

TCS合宿2018@伊勢。今年は来月、淡路島です♡

 

 

きっと、誰だって

 

誰の力にもなれない私 より

 

誰かの力になれる私でいたいと願うものではないかな。

 

 

少なくとも、私はそうです。

 

小さなことでいいから、

誰かの何かを奪うような存在より

無力な自分であるより

 

ともに過ごす時間の中で

あたたかさや喜びをともに感じたり

 

あぁ、出会えてよかった

また、会いたいな

 

そう思ってもらえるような

あたたかな余韻をそっと・・・

余韻だって気づかないくらいに残せる

そんな人であったら

 

やっぱり、嬉しい。照れ

 

 

 

 

誰かの力になれる私でありたい

 

それってね、

 

大切な人を、応援できる私であること

 

だと、思うんです。

 

 

 

では、応援って、なんでしょうか。

 

 

頑張れー!って旗を振ること?

キミなら出来る!って信じること?

一緒に走るよ!って伴走すること?

 

 

私は長年、ココをすごーく、勘違いしていました。

 

 

大切な人なら

好きな人なら

 

幸せに、豊かに、笑って生きていて欲しい。

 

だからこそ、

 

もっとその人が

 

幸せに 豊かに 笑顔になれるよう

 

応援したい。

 

 

それは誰しもが抱くだろう、自然な感情。

 

 

でも、その応援が

 

 

自分が望ましいと思うその人になってほしい

 

と思ってのものなのか

 

その人自身が本当に望む人になってほしい

 

と思ってのものなのか、では

 

 

全く違う応援になってしまう。

 

 

自分のためか

相手のためか

 

ベクトルが全くちがう、別物、なんです。

 

 

 

 

 

以前の、

 

「ちゃんとしなきゃ」「しっかりしなきゃ」

「私は明るい人」「私はいいお母さんでないと」

 

たくさんの「こうあるべき」を自分に課していた時の私の応援は

 

間違いなく、自分のための応援をしていました。

 

 

自分の「べき」基準で相手をはかり、

どう修正しなければいけないのかを伝える、という。

 

 

だから、アドバイスばっかり。

 

もっとこうしたらいいよ

ああしたらいいよ

これは辞めたらいいんじゃない?とか、とか。

 

 

もちろん、当時の私は、

自分のためとも気づかず

相手のためと信じてそれをしていて。

 

 

今ならあの時の自分にこう言ってあげると思う。

 

 

人に言ってるそれ、

本当は誰のため?

 

 

って。

 

 

うーん、それでも、ポカーンとしちゃうかな、過去の私。笑

 

 

 

私が望むあなた になるためではなく

 

あなたが望むあなた になるために、私は応援する。

 

 

そのために必要なことはなんだろう?

 

 

 

そんな視点を持てるようになったことが、

 

コーチングに出会った恩恵です。

 

 

これって、実はときにとても難しい。

 

 

私が望むあなたではなく

あなたが望むあなた

 

 

この、わたし、とあなた、の境界線を

自分の中で引けるようになるためには

 

 

私が私の境界線

 

自分という人の輪郭を

 

わかるということが、大切なんですよね。

 

 

私の価値観や基準

私が大事にしたいこと

私が自分に課していること

私が自分に禁じていること

私が、自分のために選ぶこと。

 

 

それは、

 

私が望むわたし になるためのものだから

 

私以外の誰かに適用できるものでもないと

 

知っている、ということ。

 

 

 

 

自分という輪郭を知り

 

私とあなたの境界線を犯すことなく

 

相手のための応援をする。

 

 

 

誰だって

 

誰かの期待する自分になるために生きるのではなく

 

ほんとは

 

 

自分が期待する自分のために、生きたいはずだから。

 

 

 

 

大切な人を応援する。

 

とっても、深い。

 

 

そして

 

そんな風に自分自身を、応援できてるか

 

ということも、大切、ね。

 

 

自分の基準、価値観を守ることのために

狭い世界を生きてきた私に

 

 

こんな視点を授けてくれた

トラストコーチングには

 

やっぱり、

 

感謝です。

 

 

 

photo by TSUGU

 

 

 

コーチングを知ってからの私のほうが

 

いい笑顔してる。

 

それはきっと

 

 

自分を応援することも

誰かを応援することも

 

以前より上手になったから。だと思う。(^^)

 

 

では、また。

 

 

 

自分を好きと言える人生をつくろう。

 

トラストコーチングスクール

マザーズコーチングスクール

継続セッション

 

随時承っています。メニューはこちらから


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中