あなたの人生はもっと、素晴らしくなる。
自分のことを「好き」と言える
「わたしらしい人生」をつくることをサポートする   ?


ライフコーチのあそゆかです。

 

親子の自己肯定感と信頼関係をはぐくみ
見守る子育て時間を増やす
マザーズコーチングスクール
MCS認定シニアマザーズティーチャー

 

自分を好きと言える人生を選択する
一生モノのコミュニケーションスキル
トラストコーチングスクール
TCS認定コーチ

 

自分の人生を好きになる  プロフィールライター

 

自己紹介はこちらから

ご提供中のコーチングサービスはこちらから

 

3/22開催!

マザーズコーチング1日グループ講座@木更津

10:00~16:00

@ユニバーサルホーム木更津店

 

【料金】 16,200円 

申込みはこちらから ←お申込みは3/13まで!

 

 


今日は、ブログのお話の前に、上のお知らせを。

 

急遽ですが、

3/22に木更津で

マザーズコーチング1日集中開催が決まりました。

 

春休み前に、親子コミュニケーションを学びたい方、

もう、ガミガミいらいらから卒業したい方は、ぜひ、ご参加下さい☆

 

このご受講が、あなたの子育てを変えるきっかけになりますヨ。

お申込みは3/13まで受付ます^^

 

 

 

さて。

 

なんちゅー題だ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

多くのお母様を話していて、

そして、

当たり前に私も言っていたけど

実は妙な違和感を感じてしまった言葉があります。

 

 

それは

 

 

「夫は子育てを手伝ってくれる

 

 

という言葉。

 

 

これ、私も使っていたんです。

コーチングのセッションでも

 

 

ご主人は子育てをサポートしてくれますか?とか

手伝ってくれますか?とか。

 

 

 

 

でも、実は私自身が、以前に妙な違和感を感じたことがあります。

 

 

詳しいことは忘れてしまったし、以前のコトですが、

(すぎるとたいてい細かいことは忘れちゃう。)

 

 

多分・・・・

 

学校の入金とか

習い事の予定とか、

 

とにかくそういう些細なこと。

 

 

私がし忘れたそれに、なんで忘れるの?!と言われ

(責められたように私が勝手に感じてしまい)

 

でね、それを彼が把握していたかというと

そういうわけでもなく。

 

 

なんか

 

 

ふとね

 

 

 

一体、誰の子どもなのかな。

 

 

って、思ってしまった私がいたんです。

 

 

 

思い返すと

 

ママがしてて当然、なことは

子育てにおいてはあふれるくらい当たり前にあって

 

日々の雑事から保護者会、送迎やスケジュールの把握や

提出する書類の作成とか、もう、湧くほどに

 

 

ただね、それは私も

 

そういうもんだって、思っていて

(結婚後10年は専業主婦でしたし)

夫にリクエストするでもなく、やってきたので

 

そういうスタイルをつくったのは、私の責任でもあるし

夫を責めようとも思わなかったのですが

 

 

でも・・・・

 

 

なんか

 

 

なんか・・・・・

 

 

 

なんで

 

 

 

子育て=お母さん当然

お父さん=手伝う

 

 

スタンスなんだろう?

 

それが、当たり前なんだろう?

 

 

という

 

 

超素朴ながらも

 

めちゃくちゃ大きな疑問が、、、、、

 

 

どーん、と降りてきたんです。

 

 

 

ママが子育て手伝ってくれるって

まず男性は言わないですよね。

 

 

 

 

この、とっさに女性も出てしまう

 

 

「夫が手伝ってくれる

 

 

時代的に、この観点自体、もう、手放すときじゃないのかなって

 

その時にふと、でもすごく強く、思ったんですよね。

 

 

だって、2人の子だもん。

 

 

 

 

2人の子なんだから

 

それぞれが主体的に、

自分から

子どものことに関心を持って

 

スケージュールや必要なことを

自ら把握し、協力しあう

 

 

手伝うんじゃなくて「する」

 

 

そういう意識が、すっごく、大事なんじゃないかと

 

 

つくづく、感じたのです。

 

 

だって、2人の子だから。

 

2人の。

 

 

働く、稼ぐことを担う苦労や葛藤

家事や育児を担う苦労や葛藤

 

主婦もいれば主夫もいる。

いろんな立場でいろんなことをみんなが抱えてる。

 

だから、何が正解か、なんてきっとないし

 

互いが知りえないものは海ほども山程もある

 

お互いが気づかない

お互いへの思いやりや愛情もある。

 

 

だから、

 

 

どっちが正しいとか悪いでもなく

どのスタイルがいいとか悪いとか

綱引きをすることでもない

 

 

ただ、

 

 

 

子育てに関しては

(そして、家事に関しても)

 

 

お互いが、自分でやるんだ、と思う。

主体的に、育てることに、関わる。

 

 

その大前提をもつって、大事だなって思うんです。

 

 

これがあればね、

 

どっちかがやならなかった、という時に

 

なんでやんねーんだよ。

 

ということには、ならないはずだし

 

やってくれた時には素直に

 

ありがとう。になるはずだから。

 

 

 

だから・・・

 

 

ご主人は、子育てを手伝ってくれますか?

 

 

と、聞くのは、やめました。

 

 

夫は子育てを手伝わなくていいから

 

子育てを、する。

 

妻も、する。

 

その関係を、どうしたら作ることができるのか。

 

 

夫でも妻でも、きっと誰でも一緒。

 

 

みんなで関わり、みんなでする子育てと、暮らし。

 

 

そういう暮らしをつくっていきたいですね。

 

 

 

そして、そういう話を、夫婦でする時。

 

お互いの、ちょうどいいところ

新しい答えを、一緒につくり合う

そんなコミュニケーションが出来たら、

もっと、最高。

 

 

男だから

女だから

 

そういう、枠を超えて。

 

 

互いの本音と選択を、引き出し、大切にしあえる

 

そんなコミュニケーションができる時

 

きっと、ありのままの、

 

その夫婦なりの

 

夫婦の、家族の、子育てのカタチ、が

 

見えてくるのかも、しれません。

 

 

 

主体的に子育てをする男性が

もっと増えたら。。。。。

 

もしかしたら、俺は主夫になりたかったんだ!

なんて目覚める男性も出てきたりして

思う存分、外に働きに行く女性も、増えるかもしれませんしね(^^)

 

 

主夫が増えたりして♪

 

 

 

そんなことを言っている我が家は、

この5年夫の家事レベルが上がり

娘の塾の送りもしたこの1年。

もしやこの人は主夫向きなのでは・・・

 

私はもしや、もっと外でガツッと働けるタイプなのでは・・・・

 

なんて、密かに、思っていたりします。(笑)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中